2006年10月15日

擬似世論に粉飾政治

会社が儲かってもいないのに、儲かっていると見せかければ、これは粉飾決算。

上場企業であれば、市場から退場しなければならない。

東証1部上場の名門企業、カネボウは株主、投資家を長年騙し続けて、そうなった。

政治はどうだろう。

擬似世論の上に立つ政治が、粉飾政治と言えないだろうか。

いかにも正論を報道するメディアが実際の国民世論として見せかけた、よく独裁国家にありがちな世論。

民主主義と呼ばれる国だってある。

いかにも不偏不党、公正中立に装ったメディアが、様々な事象を解説、報道するメディアが、大衆操作、大衆洗脳・・

権力エリートが、まず権力になびく新聞、テレビ、出版に大衆を操縦し、巧みに世論を製造する。

既存メディアは権力エリートの正当化に利用されるただの道具。

以前なら喜んで見ていた日曜朝10時のテレビ朝日系の政治討論も、何だかそういうところが透けて見える。

権力エリートは世論を政治に反映させることよりも、世論を操縦することに知恵を絞る。

それに大衆が迎合し、罵詈暴言、誹謗中傷を繰り返す。

そんなことが日本にはないのだろうか。

権力エリートの罠にはまってはならない。

2005年05月17日記
posted by マダムフセイン at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャーナリズム論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

キャンバスと画筆は君のものだ

アップルくんへ

君が生を受けたときに、人生という無色のキャンバスを与えられた。

そして、そこに描く画筆も。

そこに何を描こうか、どんな色で、どんなふうに描こうか、その画筆は君が持っている。

君のお母さんであるオレンジさんも、plainさんも、その画筆を奪おうとはしない。

君は無限の可能性という、未知なる未来へ、これから歩むであろう。

その可能性に限界線を引くことはない。

思いっきり大きく、思いっきり気高く、どこまでも自由に描けばいい。

それが君に与えられたキャンバスと画筆なのだから・・

plainさん、白色のキャンバスでは、すでに色が付いていました。無色のキャンバスです。

(2007年1月26日記)
posted by マダムフセイン at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

夢を追いかけて

母親は遅刻した。

一生に一度の晴れやかな高校の入学式。

娘は母親を会場の前で待ち続けた。

入学式が始まっても、保護者が同伴でないと、会場には入れない。

母親は随分と遅れてきた。

娘は母親の顔を見るなり怒った。

だが母親は、これに、こう言い放った。

「どうせ夜間でしょう」

国立付属中学の受験は、解答用紙を白紙で出した。

地元中学では、定期テストの点数を落とすため、わざとでたらめな解答をした。

行く高校がない内申書を書いてもらい、名古屋市にある夜間高校へ今年の春進んだ。

両親の描いたのは、娘が有名中学、高校、大学へ進み、金持ちの男性と結婚して、幸せな生涯を送ること。

でも娘はこれを、どうしても受け入れることが出来なかった。

井沼恵季奈さん=写真=は、夢を持っている。

テレビ番組「ナースのお仕事」を見て、観月ありささんの表情豊かな演技に魅了された。

また映画「チャーリーズ・エンジェル」出演のルーシー・リュウの無表情だけど、何とも言えない雰囲気に圧倒された。

役者になりたい。

シリアス、コメディー、アクション、ミュージカル、色々なジャンルに興味があり、「演劇、芝居、やっぱり映画が一番」と語る。

そのため、来年春、オーディションを受けるために、東京の劇団・事務所に入り、高校も編入する。

一人で自活する覚悟は出来ている。

困難な道でも、夢を追いかけて、人生を賭けたい。

井沼さんが、そう思うのも自分の人生は、自分のものということだろう。

子は親の従属物ではない。

自分の人生を描くのは親ではなく、自分自身。

自分に対して偽りのない生き方を模索しようと、井沼さんは自らの人生を今、開拓しようとしている。

その夢が叶えることができるよう応援したい。

井沼さんの健闘を祈る。

2004年10月05日記
posted by マダムフセイン at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

多感な青春の時空共有した同期会

数十年ぶりの再会となる、高校の同窓会・同期会に出席した。

受付のおじさん、おばさんは、先生かと見間違えるほど。

誰が先生で、誰が生徒なの、とつぶやきたくなる。

授業半年サボって卒業できた壮美君、すっかり良いお父さんになったね。

授業サボって校舎の屋上で語りあったこと、昨日のことのようだよ。

弓子ちゃん、相変わらず美人だね。クラスのアイドル洋子ちゃん、良妻賢母してるね。

敏正君、弘二君、基博君、貫禄ついたなあ。

真由美?眉そった、長スカ・ヤンキーの?

う〜ん。ムム、2組のフォークギター淳が夫だって。((*_*)

もう一人の真由美ちゃん、加代子ちゃん、充世ちゃん、陽子ちゃん、恵美子ちゃん、瑞恵ちゃん、17歳の面影残ってるよ。

ハ〜イ、姉御の京子ちゃん、まだ生きてるよ。150歳まで生きるから、簡単には死なないよ。

多感な青春の時空を共有した、3年9組のみんな、次回まで元気で。

10組の智美ちゃん、音楽会でイムジン河歌ったろう。

5組の早苗ちゃん、母校で国語の先生、同窓会の取りまとめ、深謝。

茫然自失。柴田先生が昨年亡くなった、と。

ヘーゲルの?弁証法?セイ?ハン?ゴウ?○x△と若者の思想形成に影響を多少なりとも与えたい熱のこもった倫社の授業。

誰が分かるの?

先生のお嬢さんは我らと同い年。卒業後、お嬢さんと二人で名駅前で食事したこと思い出される。

2組?3組?の渡辺宜嗣(のりつぐ)さんは、来ていませんでした。

この方、スーパーモーニングなどでご存知のテレビ朝日のアナウンサーです。

2002.11.23

晴れ
posted by マダムフセイン at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。