2013年07月12日

ノリタケの森に出陣

DSC01533.JPG
明日、7月13日、あいち戦国姫隊がノリタケの森に出陣なさるということで、拙者、本日の午前中にノリタケの森に参った。

DSC01532.JPG
名古屋駅近くにある観光スポット。

DSC01536.JPG
恐竜もいる。しかもこれが動く。

DSC01537.JPG
肉食恐竜。

DSC01538.JPG
動く。

DSC01539.JPG
動く。

DSC01540.JPG
名前は失念。

DSC01541.JPG
草食恐竜。動く。名前は失念。

DSC01542.JPG
名古屋の夏は暑い。

DSC01544.JPG
喫茶でマンゴジュースとメロンソーダを注文。一人で2人分をいただいた。

DSC01545.JPG
ノリタケの森のマンゴジュースはお勧め。

DSC01553.JPG
そして帰り。加藤清正公の霊地・妙行寺で行って参った。

DSC01549.JPG
境内にある清正公の銅像。

DSC01558.JPG
その夜、にぎりの徳兵衛でお寿司をいただいた。

DSC01557.JPG
赤貝。

DSC01505.JPG
名古屋おもてなし武将隊・加藤清正公。
posted by マダムフセイン at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | あいち戦国姫隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

悲劇のヒロイン・お市様

お市様の口上は見事にござる。

DSC01508.JPG
口上は浅井長政様に嫁いだところから始まるにござる。

DSC01418.JPG
この婚姻により、兄・信長様と長政様と同盟を結んだのでござるが、のちに決裂。

DSC01511.JPG
長政様は姉川に始まる信長様との戦に敗れて自害なされました。

そして長男は捕らわれて殺害されたにござる。

DSC01481.JPG
長政様と誠に良き夫婦関係にあったお市様には、辛い辛い思いであったことは想像に難くないにござる。

DSC01419.JPG
清州に戻ったお市様は、3人の娘をもつシングルマザーですごす。

DSC01513.JPG
そして本能寺の変。

信長様の跡目を巡り羽柴秀吉と柴田勝家様が対立したにござる。

DSC01512.JPG
勝家様は平成の世で言う正社員エリート。一方、秀吉は非正規社員から登り詰めた現場のたたき上げ。

DSC01443.JPG
お市様は信長様の家臣・柴田勝家様に嫁いだにござる。

DSC01441.JPG
だがまたして幸せが逃げていく・・勝家様はサル・木下藤吉郎との戦いに敗れ、お市様は勝家様とともに北ノ庄城で自害なされました。

DSC01480.JPG
辞世は

さらぬだに 打ちぬる程も
 夏の夜の 別れを誘う ほととぎすかな
posted by マダムフセイン at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | あいち戦国姫隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

新月と鵜飼

鵜飼は、もともと満月の夜にはやりませんでした。

それが岐阜長良川などで、今から50年ほど前から、商売上、観光業として、満月でも、行われるようになったようです。

DSC00055.JPG
満月に鵜飼のないその訳は、満月の月明かりにより篝火に鮎が集まりにくいためといわれます。

今では街の照明、車のヘッドランプで、夜に明かりのないことはありません。

鵜飼の楽しみは、鮎と鵜の駆け引き。

DSC00059.JPG
それには、明かりのない夜が一番です。

7月8日は新月。

鵜飼は月の明かりもない新月が一番です。

新月には、そのパワーは大きいと言われおり、願い事を紙に書いて、新月を浴び、願いをかなえると言いますが、効果があると言われています。

鵜飼を楽しむならば、この7月8日が最高の夜です。

DSC00061.JPG
写真はすべて岐阜県関市の奥長良川にある小瀬鵜飼。

DSC00041.JPG
小瀬鵜飼は、宮内庁式部職十八代目鵜匠。天皇家に関わっています。

鵜飼は「古事記」「日本書記」に神武天皇の伝承として登場し、「万葉集」にも柿本人麻呂、大伴家持の鵜飼の歌あるそうです。

DSC00056.JPG
古くから鵜飼で捕れた鮎を天皇に献上し、武士権力者へも献上していたと十八代目鵜匠からもお聞きしました。

DSC00043.JPG
小瀬鵜飼は、今に残す古き鵜飼です。
posted by マダムフセイン at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

いつもと違う・あいち戦国姫隊・於大様

7月3日、本日は朝から小雨模様。

DSC01492.JPG
あいち戦国姫隊が本日、名古屋城へ出陣なさった。

DSC01490.JPG
拙者、於大様にお尋ね申し上げた。

DSC01489.JPG
今日は何か良いことでもあったのか、と・・

DSC01488.JPG
於大様。今日の於大様はいつもの於大様と違う。

DSC01509.JPG
いつも於大様は超カワイイ〜。

DSC01510.JPG
しか〜し、本日の於大様は超お美しい。

そのわけは於大様によると、髪型を変えた?

DSC01513.JPG
誰か気になるイケメンでも来ているのかの〜?

そして拙者にも良きことがあった。

DSC01498.JPG
名古屋城を取り囲んでいる土塀から道なき道を軽快なステップで降りてきたはよいが、最後のところで転がり落ちてしもうた。

誠に良き日であった。ア・ハ・ハ・・ハァ?
posted by マダムフセイン at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | あいち戦国姫隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦国一の美女・あいち戦国姫隊・お市様

7月3日、本日は朝から小雨模様。

DSC01478.JPG
あいち戦国姫隊が本日、名古屋城へ出陣なさった。

DSC01492.JPG
戦国イチの美女は誰じゃ?

DSC01480.JPG
と市様に問われると、皆の衆は「市様」と答える。

すると、「声が小さい!」と市様の怒声。

DSC01484.JPG
皆の衆は大きな声で「市様!」と再び答える。

すると、「うるさい!」とまたまた市様の怒声。

DSC01512.JPG
この吉本的お笑い名セリフは、この間までのお市様の十八番。

DSC01508.JPG
今度の新しい市様はなさらぬ。

DSC01511.JPG
そこはとなく艶(あで)やかで細やかな気遣い、心配りのお市様。

DSC01481.JPG
拙者、ドキドキにござる。

DSC01493.JPG
名古屋城天守閣。

DSC01503.JPG
名古屋城本丸御殿。

DSC01502.JPG
名古屋城天守閣から名古屋ルーセントタワーを望む。

★THE ONE AND ONLY
http://actionpawer.seesaa.net/article/367688680.html
posted by マダムフセイン at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | あいち戦国姫隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいち戦国姫隊が名古屋城で演武

7月3日、本日は朝から小雨模様。

DSC01492.JPG
あいち戦国姫隊が本日、名古屋城へ出陣なさった。

DSC01480.JPG
お市様。そこはとなく艶(あで)やかで細やかな気遣い、心配りのお市様。

輝いているにござる。キラキラと・・

DSC01489.JPG
今日の於大様はいつもの於大様と違うにござる。

何事か良きことがあったのじゃろうか。

DSC01485.JPG
吉乃様。

DSC01486.JPG
お美しい×2乗=計算不能じゃ。

DSC01487.JPG
演武も鬼気迫る演技になかなかのものじゃ。

DSC01507.JPG
演武を披露する姫隊。

DSC01476.JPG
名古屋城築城に活躍をした加藤清正様。

♪ 加藤清正、お馬乗ってホイ
♪ 後から家来がヤリ持ってホイ

DSC01505.JPG
拙者が幼き頃、子供たちにより歌われたものだが、こうした歌遊びが伝承されておらぬか。

DSC01477.JPG
帰りに清正様の出生地・中村公園に寄って、「にぎりの徳兵衛(とくべい)中村店」でお寿司をいただく予定が雨で中止。

DSC01553.JPG
そのまま家路についたにござる。(写真は清正公の霊地・妙行寺)

DSC01558.JPG
にぎりの徳兵衛(とくべい)中村豊正店。

DSC01557.JPG
赤貝。
posted by マダムフセイン at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あいち戦国姫隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

LGBTと武士のたしなみ同性愛

6月は、09年オバマ大統領が宣言した「LGBTプライド月間」。

同性愛者の権利向上を図るよう推進しているが、人の意識はどうなのだろう。

と、先のブログで述べたが、その続き。

アメリカでは大統領が宣言したということは、それほど同性愛者への偏見が強く、社会が寛容ではないことを意味するかもしれない。

一方、日本ではニューハーフがタレントとしてテレビによく登場し、視聴者もそれを寛大に受け入れている。

また歴史的にみても、日本では同性愛に寛容と思われる。

そもそも古く奈良・平安時代には仏教の広まりとともに、お寺での男同士の男色(なんしょく)がかなり広まったといわれており、武家社会においても男同士の衆道(しゅどう)は、武士のたしなみのようであった。

能楽の創始者となった世阿弥(ぜあみ)は、足利義満の寵童の一人であり、将軍に寵愛され庇護も受けてきた。

DSC00537.JPG
織田信長も小児性愛者であったらしく、一説によると、小姓(こしょう)として森蘭丸などの側近は男娼として置いていたといわれている。
(写真は清州城桜華組の織田信長様)

DSC01434.JPG
また、前田利家も若かりし頃、織田信長の小姓として仕えた。
(写真左は名古屋おもてなし武将隊の前田利家様)

*小姓(こしょう)とは、昔、貴人のそば近く召し使われて種々の雑用を受け持った者で、多くは少年。男色の対象ともなったともいわれるが、時代劇などでよく殿様の後ろに刀を持って控えている少年がそれ。

ほかにも、武田信玄や上杉景勝らが小姓を男色の対象としていた。

その時代の小児性愛は、武将のたしなみのひとつであり、粋な性的指向でもあったとされる。

しかし、平成の世では、これは同性愛というより、性犯罪、児童虐待ともいえるのではないか。

DSC01708.JPG
写真は織田信長様率いる名古屋おもてなし武将隊。

DSC01477.JPG
写真は名古屋おもてなし武将隊・加藤清正様。
posted by マダムフセイン at 22:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 男と女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

LGBT

レスビアンの意味は分かる。

ゲイの意味は分かる。

バイセクシュアルは聞いたことあるが、両性愛者。

トランスジェンダーは性同一性障害者らという。

これら4つの頭文字をとって、LGBTと呼ばれるが、ブロガーがこの言葉を知ったのは、オバマ大統領のフェイスブックから。
https://www.facebook.com/mariano.flordelis#!/photo.php?fbid=10151657231756749&set=a.53081056748.66806.6815841748&type=1
LoveIsLove
https://my.barackobama.com/page/signup/love-is-love?source=socnet_20130626_fb_bo_lgbt_love-is-love&utm_medium=social&utm_source=socnet_20130626_fb_bo_lgbt_love-is-love

世の中は、多様化している。

好きになるのは、男と女の間だけではない。

男と男、女と女、まだいる。色々と。

現在、世界15か国が同性婚を法的に認め、この6月26日、アメリカの連邦最高裁は婚姻を男女間に限る「結婚防衛法」を違憲とした。

翻って、日本はどうだろう。

憲法24条が、結婚を男と女の合意のみに基づいて成立することを謳う。

男と男、女と女が結婚するためには、憲法改正が必要となる。

なお、6月は、09年オバマ大統領が宣言した「LGBTプライド月間」。

同性愛者の権利向上を図るよう推進しているが、人の意識はどうなのだろう。
posted by マダムフセイン at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 男と女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。