2008年08月25日

亡き母を偲ぶ・兄嫁へのプレゼント

610.jpg
長い間、お袋に仕えた労苦に報いるため、兄と2人で兄嫁にささやかなプレゼントを贈ることになった。

3年前、腸に悪性のがん手術。

腸が破裂して、何日もたまっていた便が体中に散った。

大変な手術になって、人工肛門となった。

お袋は嘆き悲しんでいた。

退院。自宅に戻って、風呂に入るときに、人工肛門から便が天井に届かんという勢いで噴き出した。

兄は呆然と見ているだけ。

兄嫁が機転を利かして、すぐさまお袋の人工肛門を手で押さえつけたという。

2年前、再手術をして、校門は元に戻った。

お袋は喜んで、明るい表情をしていた。

だががんは確実に進行していた。

兄夫婦がまたして病院に呼ばれ、入院して抗がん剤投与を打診された。

その夜、お袋はそれを拒否した。



ふさふさの髪がなくなり、歯はがたがた。

そんな醜い顔になってまで、延命措置はいらないというお袋と親子喧嘩が始まった。

兄嫁は泣き出した。、

実家から日曜日の夕食を呼ばれた。

静まり返った食卓に、お袋一人だけが普段通りの饒舌(じょうぜつ)ぶり。

家族はみんな黙って、お袋の独演会を静かに聴いていた。

自分の両親よりも長生きした。

 お袋の母親は若い頃からヘルニアに悩まされ、若くして亡くなった。

 小さい頃から母親代わりに父親と妹の面倒を見ていた。

もう十分生きた。

 お袋は逆縁を恐れていた。

 子供が親より先に逝くことがあってはならない。

 それが親にとって、何よりも親不孝。

 親の死に目に会うまで、子供が元気に生きることが一番の親孝行。

これより長生きしては、かえってみんなに迷惑をかける。
 
こんなことを口にしていた。

 x  x

兄嫁はお袋の秘書、ボディーガードをしていた。

お袋が銀行のキャッシュコーナーで下ろした大金50万円を忘れきた事件があった。

気付いてすぐに戻ってみたら・・お金は無い。戻らなかった。

お袋は「株ですった」と思えばいい、とさばさばしていた。

こういうことがあっても、お袋は通りで拾った財布を黙って自分の懐に入れない。

派出所に届け、期間がたち、持ち主が現れず、しかもその全額を子ども会寄付した。

話を戻そう。

事件の後、銀行へは兄嫁が同伴することになった。

こういうこともあって、お袋が亡くなって、兄嫁へのプレゼントをすることになったが、何にする?

姪(兄夫婦の一人娘)のアドバイスもあって、エルメスのバッグ?

兄嫁は娘と親子で、ブランドめぐりをして、シャネルの財布を見つけた。

気になるお値段は、9万円。

兄と顔を見合わせ、2人で大笑い。

誰が買うの?

で、エルメスのカバンは?

目が点になった。小さいので30万円。ちょっとしたものは、100万円以上とか。

そしてこのほど、プレゼントは結局、このシャネルの財布とヴィトンのバッグとなった。
posted by マダムフセイン at 09:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして
これからも拝見させて頂きますね。
楽しみにしています。
Posted by モバゲー 裏技 at 2010年04月04日 12:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106791554

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。