2013年11月30日

面影を今に残す出石城跡・城下町

DSC02228.JPG
出石城跡は兵庫県の山間(やまあい)の小さな町にある。
DSC02224.JPG
織田信長軍の但馬(たじま)攻めで羽柴秀吉により落城。
DSC02229.JPG
信長との和睦により守護が領地に復帰したエピソードを残す。
DSC02232.JPG
鳥居をくぐって城の山頂へ。
DSC02235.JPG
天守閣があったとされる山頂から城下町を眺める。
DSC02230.JPG
出石はこのお城を中心に小さな城下町を形成。
DSC02249.JPG
武家屋敷や商店など、その面影を今に残す。
DSC02242.JPG
時計台・辰鼓楼(しんころう)から出石城を望む。
DSC02244.JPG
京都蛤御門の変で朝敵となった桂小五郎は、この出石で身を潜めた。その石碑。
DSC02243.JPG
石碑の隣には、出石そばの「よしかわ」。午後2時半を過ぎているというのに、列をなしていた。
DSC02248.JPG
「たくみ工房」はここ。
DSC02253.JPG
芝居小屋の永楽館。こんな小さな町で歌舞伎の映像が流されていた。道が狭い正面玄関。
DSC02256.JPG
但馬の小京都・出石の城下町から出石城跡を望む。
posted by マダムフセイン at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382243499

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。