2014年03月11日

世界の廃藩置県は可能か?

日本の幕末は、長州藩と会津藩が京都・蛤御門(はまぐりごもん)で戦争。

鳥羽伏見の戦いで、会津・幕府と長州が戦争。

いわば、日本における世界大戦だった。

ところが廃藩置県を行い、明治政府を作り、日本という近代統一国家ができて、日本国内では戦争がなくなった。

だとすれば、今、世界で起きる戦争も世界的レベルで廃藩置県を行えば、世界から戦争がなくなることになる。

では、どうやって世界の廃藩置県を行うのか?

その基礎は国際連合があり、その改革により、発展的に世界連邦に解消することで可能である。

国際連合には、国連総会、安全保障理事会(安保理)、国際司法裁判所が設置されている。

三権分立に似た機関である。

ところが国連総会は世界議会ではない。

そのため、法的拘束力を持つ世界法は制定されない。

国連総会は一国一票制。

これを人口比に応じた新たな議会を設ける。

いわば、総会を参議院とすれば、新たな議会は衆議院。二院制とするのである。

国連憲章22条は補助機関について規定する。

つまり憲章を改正することなく、補助機関として議会を設置することができる。

次に国際司法裁判所。

国際司法裁判所には強制管轄権がない。

例えば、竹島をめぐる紛争解決のために、日本が国際司法裁判所に訴えたところで、韓国には応訴する義務はない。

それでは、紛争解決につながらない。

これを日本国内におけるような裁判制度として、応訴しなければならない制度に改めるのである。

これにより世界レベルにおける社会正義の実現につなげる。

安保理は、国内における内閣。それに国連平和維持軍も常設の世界警察にする。
(詳しくは拙著「平和の条件―世界連邦の目標と構想)

これらも日本国内におけるような制度に発展的解消をする。

これがどうやって世界の廃藩置県の行うのか、の回答である。

※ちなみにヨーロッパ連合生みの親と呼ばれるクーデンホフ・カレルギーは、その著「ヨーロッパ合衆国論」(鹿島出版)の表紙を1枚めくったところで、こう記している。

「全て偉大なる歴史的事実は、ユートピアに始まって実現に終わった」と。
posted by マダムフセイン at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391183584

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。