2014年03月31日

いつでもどんな時でも月は満月

月の形は丸い。

いつでも丸い。

どんな時でも丸い。

それは月の本質は満月だから。

いつでもどんな時でも月は満月。

だが、それが時に三日月に見えるときがあれば、半月に見えるときもある。

場合によっては、全く見えないときもあるが、月は見えないだけで、満月である。

新月の時も満月。

人は見える部分だけを見て、月は丸い、月は三日月と言う。

しかし、本質は満月。このことは物事を見る場合にも、同じことが言える。

つまり、物事を見る際に大事なことは、本質を見ること。

見える部分だけを見て、本質を見ていないのであれば、何も見ていないことになる。

3月31日は新月。

月も見えず、星以外には何も見えない闇夜だが、地球の影で見えないだけで、月は満月でちゃんと闇夜にある。
posted by マダムフセイン at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 月(moon) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393881238

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。